Top
 
秋の味覚と文化祭。
c0135615_1419591.jpg


マイブームの酵母マフィン。

今度は、カラメルりんごで。








紅玉で作ったカラメルりんご。
あー、この酸味がたまらない!!
マフィンに入れて、美味しくないはずがないわ~
と、焼き上がりが楽しみで楽しみで♪


5つ焼けたひとつだけ、kyonちゃんに味見してもらいました。
でもkyonちゃん、何食べてもらっても「美味しい!」って言うから
味見係としては、かなり当てになりません。(笑)
いや、これはkyonちゃんが自分で言ってたのよ。


そう言いつつも、本当にひとつだけ渡しに行きました。^^;
そして、そのたったひとつのマフィンをお友達のKちゃんと半分こしたらしい!!
kyonちゃんはいいとして(爆)、Kちゃんごめんねー。
味見用な上に、半分こって・・・(汗)
今度、ちゃんと丸ごと食べてね。(笑)


そして、やっぱり「美味しい」とお墨付きをもらったマフィンちゃん。^m^
子どもたちも無言で頬張ってたから、合格かな。

ひとり、違う意味で無言のヒトがいましたけど。
主人、りんごはシャキッとしていないと嫌なヒト。
カラメルりんごとか好きではありません。
主人の沈黙は想定内。
気にしたりしません。(爆)


c0135615_12404523.gif



お次は、無性に食べたくなったロールケーキ。
たまにロールケーキが食べたくてたまらなくなる私。
朝、息子を幼稚園に連れて行く前に、急遽焼きました。
焼き時間が短いので助かります。^^

先日お友達から頂いた栗の渋皮煮
ちょうどあれが冷蔵庫で出番を待っていたのです。
マロンクリームもスタンバイしてるしね!
と、マロンロールにしてみました。
c0135615_14442182.jpg


生クリームが中途半端だったので、スポンジを3分の2くらいにカット。
ちょっと短めのロールケーキになりました。
でも、これを2日かけて食べるのがちょうどいい感じでした。

c0135615_14464753.jpg


久しぶりに、共立てのスポンジです。
これが、どうも苦手なのです・・・
案の定、巻きの時に割れました。
何とか誤魔化して、まぁ見られる姿になったかしら。^^;

c0135615_14471048.jpg


極力甘さは控えめに。
甘味あっさり、栗~~~なロールケーキでした。
こちらは、主人もバッチリ笑顔。^^



c0135615_16512340.gif




土曜日、地域の文化祭がありました。
毎年、この文化祭には娘がダンスで出演します。
もう、かれこれ何回目?
2歳になる少し前から始めたダンス、
今年からは児童クラスに上がり、頑張っています。
今回の出番は2曲。
1曲は児童クラスとして、もう1曲は幼児クラスとしての出演でした。

最近は、自分から進んで練習しています。
目覚めたらしい。(笑)
c0135615_16553259.jpg

児童クラスのダンスは、結構ハードで難易度も高いのです。
私なんて、到底あの動きは出来ないー><

お姉ちゃんたちのようにカッコよくなりたい!!
そんな目標を持って頑張っています。


kyonちゃん母子がステージを見に来てくれました。
娘の成長を一緒に感動してくれたkyonちゃん。
ありがとう~。^^

児童クラスは、今までと衣装もガラッと変わります。
ちょっとカッコいい!?
でも、ズボンがダボダボーーー><
c0135615_16591716.jpg
c0135615_16593056.jpg
c0135615_1659411.jpg


そして、こちらは幼児クラスの衣装。
こんな衣装を着るのも、もう最後かな。。。
c0135615_16595465.jpg
c0135615_170717.jpg


今回、初めて「緊張する・・・」と口にした娘。
それもまた、成長の証。

3歳・4歳の頃・・・
舞台から泣いて帰ってきたこともありました。
泣いたまま1曲立ち尽くしたこともありました。
私は逆に、その度胸に驚きましたけど。
それどころか、レッスンに行ってもずっと泣き続けた娘。
しくしく・・・ではなく、けたたましいほどの大号泣。^^;
そんな時期が1年半ほど続きました。
娘自身も私たち夫婦も、本当にしんどい時期でした。
やめさせた方がいいのか・・・
無理強いしているのではないか・・・
どれほど悩んだかしれません。
でも、そんな時に先輩お母さん方や、先生が励ましてくださいました。
そのひとことに、どれだけ救われたことか。

そしてある日、絡まった糸がするすると解けるように
娘の心もほぐれたようでした。
長い長いトンネルでした。
信じてやってきて良かった。
主人も私も、ホッと胸を撫でおろしました。

そんな娘が、ドキドキしながら頑張ったのです。
着替えた後「じゃぁ、お母さん客席で見ててね!」
そう言ってバイバイ!!と手を振る娘。
あぁ、立派になったなぁとつくづく思った母でした。
もう小学生ですから、当たり前と言えば当たり前。
でも、今までのことが走馬灯のように頭を駆け巡って、
その成長に感動せずにはいられませんでした。





なのに。。。

そんな感動をぶち壊すほど面白い出来事が待っているとは!!
とてもここに書けることではないのですが
(それなら書くなって話ですけど ^^;)
kyonちゃんと私、久しぶりにお腹を抱えて笑い転げました。
あーもう、あんまり笑わせんといてよねーって、お互い言いながら。(笑)
意外なことで、抱腹絶倒の文化祭となりました。
思い出しても瞼が腫れ上がりそうなくらい面白い。(なんのこっちゃ!)


あれ?感動はどこ行った?
いやいや、もちろん思い出せば感動も残っております。
って、思い出さんと思い出されへんのんかい!(爆)


もう今年の分は笑いきったので、
後はおとなしく暮らします・・・
[PR]
by satomi_yk11 | 2008-10-28 14:46
<< 息子の夢。 にこにこ商店街  終了~。 >>