Top
 
娘の心配と息子の祈り・・・
c0135615_221745.jpg


登園前の一仕事♪









幼稚園へ行く途中、息子にはひとつ仕事があります。
とっても大切なお仕事。^^


c0135615_78404.jpg

神様に、お祈り?



でもコレは、桜千本の植樹記念碑。(笑)
c0135615_792543.jpg

いつからか、幼稚園の行きと帰り、
息子はここでお祈りをするようになりました。
「神様にお祈りしなくっちゃ!」と。^^

お寺の幼稚園に通う息子にとって、
仏様に手を合わせることは身についてきたよう。
仏様と神様は別物か・・・^^;
この記念碑、息子には神聖なものに感じたのかしら。
ここに神様がいると思っているようで、
毎日毎日手を合わせています。


最初、「みんなが元気でいられますように」
そんなことを言っていた息子ですが、
最近はちょっと違います。
手を合わせて言うのは、お姉ちゃんのこと。
「Yちゃんが泣かずにいられますように」
これには、母は思わず涙が出そうになったのでした。


c0135615_10402413.gif



最近の娘、ちょっと気になることがあります。
ここ数週間、気持ちが不安定。

1年生が学校を出るのは2時50分。
幼稚園のお迎えと時間が重なります。
いつものんびり帰ってくる娘。
私と息子の方が早く家に着くことが多いのですが、
たま~に娘の方が早いことがあります。

私の行き先は幼稚園に決まっているのですが・・・
娘も頭では分かっているのですが・・・
帰ったときに私が居ないことが不安でたまらないらしいのです。
そして、もしかしたら明日の帰り、お母さんが居ないかもと思うと、
前の晩から心配で仕方がないのです。
寝る前から涙、涙・・・
何度も何度も「大丈夫だからね」と言って聞かせます。
それでも、朝ごはんもスムーズに喉を通らない。
考えて不安になって、涙を流しながらの朝ごはん。
努めて明るく「大丈夫よ!絶対会えるからね。」と言うのですが、
これがなかなか><
娘の気分は、ブルーになるばかり。
何とか用意を済ませてエレベーターに乗るも、涙の別れ><

こんな感じの毎日なのです。
何がそんなに不安なのか、娘の心の中に何があるのか・・・
正直、分からないところもあります。
でも、とにかくそんな心配をしないで済むようにしてあげたい。
そう思いながらも、解決策を見出せないまま。
気長に見守りながら、ゆっくり向き合っていかなければと思っています。



そんなお姉ちゃんを心配しての息子の祈り。
自然とお姉ちゃんを心配して神様にお願いする息子を見て、
その気持ちがとっても嬉しかった。

この日は、「お供えしなくっちゃ!」と葉っぱを集めていました。
c0135615_1003445.jpg


「神様、どうぞ」と言いながらお供えする息子。^^
c0135615_101640.jpg


深々と頭を下げて、しっかり拝みます。
c0135615_1012486.jpg




そして、この日の帰りもまた、
走って帰りながらもお祈りは忘れずに・・・

「あ!葉っぱがない!!」
朝、息子がお供えした葉っぱがなくなっていました。
そりゃそうですよね。^^
「風で飛んでったんじゃない?」と私が言いかけた時、
「わーい!神様、全部食べてくれたー!!」
と大喜びした息子。
口から出かけていた言葉を慌てて飲み込みました。
「ここの神様は、葉っぱが好きなんじゃねぇ」
そう言いながら、また「Yちゃんが泣きませんように」とお祈り。

この記念碑の下に神様が眠っていると信じて、
一生懸命お供えやお祈りをする息子の姿。
なんだか、とっても愛おしく思えました。

その後、無事娘とマンションの下で合流。
笑顔の娘を見た息子、
「お供えしたから神様がお願い聞いてくれたね」と。


お留守番なんて、何でもない息子。
お母さんがいなくなるかも・・・なんてこれっぽっちも思っていません。
でも、そんな風に思って泣いてしまうお姉ちゃんを心配してくれます。
いつも、「お母さんは消えたりせんけぇね、大丈夫よ」と娘を励ましてくれます。
あぁ、男の子だなぁと思う瞬間でもあります。
その優しさをずっとずっと持ち続けて欲しいと願います。
お姉ちゃんがもうちょっと強くなって、
みんな心配せずに済む日が早くきたらいいね。
毎日、そんなことを話しながら息子のお祈りの日は続きます。


c0135615_1041636.gif



先日、娘の小学校で今年度最後の参観日と懇談会がありました。
今回は、「自尊感情を高める」というテーマでの授業。
1年生は、『おへそのひみつ』という題でした。

おへその役割を通して、お母さんとの繋がりを確かめる。
お腹の中にいたときから、どれだけ大切に育てられてきたかということ。
みんなは、大切に大切に育てられた宝物だということ。
だから、学校は宝物の集まりだということ。
ひとりひとりが宝物。
自分も、お友達もみんな大切に思って仲良くしようね。

そういう流れの授業でした。
親にとっては、お腹の中にいたときのことも昨日のことのようだったりしますが、
子ども達にとっては、とっても新鮮なお話なんですね。
興味深気に目を輝かせて話を聞く子ども達の姿が印象的でした。

大切に育ててくれたおうちの方へということで、
子ども達が手紙を書きました。
その間、お母さん方もお子さんにどうぞということで、
娘に手紙を書きました。
書きながら、思わずうるっときてしまいました。^^;

今回の授業参観を通して、
改めて娘が産まれたときの喜びや感動を思い出しました。
子どもにとってだけでなく、親にとっても有意義な授業だったと思います。
自分を好きになって大切に出来ること、
これは周りの人を大切に出来ることにも繋がります。
これをきっかけに、家でもちょっとずつそんな話が出来るかな。
そんな風にも思いました。




さて、今日は息子の幼稚園で発表会。
無事、みんな元気でこの日を迎えられました。

今日は、さすがに私も自動車学校はお休みです。^^
先日の学科模擬試験は無事合格。
水曜日に仮免の検定です。
ドキドキ緊張><
でも今日は、それを忘れて楽しんで来たいと思います♪


c0135615_10415026.gif

[PR]
by satomi_yk11 | 2009-02-15 10:50
<< マラカス♪ D'sさん再開!! >>