Top
 
なんてこった・・・
c0135615_8304059.jpg


自家製酵母の黒ゴマベーグル。

決してのんびり・・・ではないけれど、
パンを焼く余裕があったのも先週金曜日まで。


まさかまさかの日々のスタートでした。








先週の金曜日、お休みだった主人とお昼にベーグルランチ。
自家製酵母の黒ゴマベーグル、
もっちりで美味しかっです。
粉は、訳アリで頂いた春よ恋で・・・^m^


この日の夜中、娘が腹痛を訴えました。
翌日、嘔吐。
吐き気と腹痛も続いていました。

日曜日の朝になって当番医の内科を受診し、
点滴と血液検査をしてもらいました。
その後、総合病院の外科に紹介状を書いてもらい移動。

虫垂炎でした。盲腸です。
即入院、そして緊急手術となりました。


病院にはそのまま主人が付き添い、
私と息子は自宅にて待機。
詳細が分かり次第病院へ・・・と思っていたら、
「もう手術室へ入った」と電話がありました。

え??

せめて、私が行ってからからかと思っていたのでビックリ。
入院と聞いて不安で泣いていたという娘。
しかも手術だなんて、どんなに不安だっただろう。
そう思うと、私の方がおろおろしてしまいました。
せめて、手術前にしっかり手を握ってあげたかった。><


私と息子が病院に着いた時、
娘は手術が終わって病室に戻ってきていました。
またぼんやりでしたが、
麻酔からも覚醒していた状態。


私の顔を見て「お母さん、来てくれた・・・」
と小さな声で、それでも嬉しそうに言いました。

酸素マスクに点滴やら色々を繋がれた娘。
そんな娘の姿を目にしたら、もう涙が止まりませんでした。
「よく頑張ったね」それだけ言うのがやっと。
頭を撫でて、手をしっかり握りました。

「Kは?」弟のことを気にしていた娘。
息子の顔を見て、安心したようにちょっと笑いました。


こんな小さな細い体で、よく頑張ったね。

手術をしてもらおうと決めてから、
気になったのは娘の精神面でした。
でも、私が居ない所でちゃんと乗り切った娘。
そんな娘がとても立派に見えました。


たかが盲腸、されど盲腸。
手術なんてしたことのない私にとっては、
どんな小さな手術でも手術は手術。
怖いもんは怖い!!
それを頑張った娘はエライ!!



手術当日の夜、痛いと泣かれるだろうと覚悟していたのですが、
一晩ぐっすり眠ってくれた娘。
座薬を入れることも無く過ごせました。

翌朝は、尿管が痛くて嫌だと泣かれましたが、
「頑張って歩いてトイレに行く!」と看護師さんと約束。
娘の粘り勝ちで外して頂きました。^^;

娘は、手術前と何も変わらず歩けるつもりでいたようですが、
さすがにそんな訳には行きません。
立ち上がって「痛い・・・」と
手術の傷が痛むことにショックを受けていました。
それでも、自分でしっかり歩いてトイレへ。

次にトイレへ行く時には、私の支えもなしで一人で。
点滴台を押しながら歩くのが結構気に入ったらしく、
ひとりで院内をうろうろ歩いたりもしていました。
さすが、若いと回復力が早いね~と
看護師さん達も驚いていたくらい。

「エライね!頑張ってるね!!」
看護師さんからそう声を掛けてもらえることも
嬉しかったようです。^^

c0135615_831345.jpg





私が入院の準備をしていた時のことです。
息子が「しまくん持って行ってあげたら?」と言いました。

しまじろうのぬいぐるみは、娘の大切なおともだち。
最近は部屋の片隅に・・・という感じはありますが、
小さい頃は、しまくんがいないと眠れない子でした。
どこへ行くのも一緒だったしまくん。

こんな時は、そばに居たらちょっと心が落ち着くかもしれない。
息子の言葉にそんなことを思い、
荷物の中に入れたのでした。


そして、ほらこの通り♪
c0135615_832948.jpg


院内散策にはお供してもらっています。



熱が下がっていないものの、本人は元気。
本を読んだりTVを見たり・・・
c0135615_8325255.jpg


このテレビ、カードを購入して見るのですが、
そのことを説明してからの娘の行動に驚きました。
段々減ってくる数字を見て、節約に励みだしたのです。

CMになったらスイッチOFF!!
時計を見て、頃合いを見計らってまたON!!
この主婦顔負けの節約っぷりには、
看護師さんや主人とも大爆笑でした。
いやぁ~、スゴイねアナタ・・・



先日は、主人の母がお見舞いに来てくれました。
娘が喜ぶ本を持って。^^
おばあちゃんに甘える娘。
c0135615_8332453.jpg


あーんと食べさせてもらっていました。^m^



今週いっぱい、休みを取ってくれた主人。
息子もいるので、私一人では対応しきれないのです。
手術当日は私が付き添いましたが、
翌日から夜病院に付き添うのは主人。
私が居られるのは限られた時間なので、娘は甘えっぱなしです。
でも、こんな時ぐらいは・・・と、
しっかり甘えさせてやろうと思います。
辛い思いをした後、少しぐらいイイコトがないとね。^^


ただ、ココの病院が結構遠い・・・
本来、この免許取りたての私が毎日通う所ではありません!!
片側3車線の道をひとりで運転するなんて、
もっともっと先のことだと思っていましたから。
息子を乗せて運転する時なんて、本当に緊張します。
1時間かけて帰宅した後は、ドッと疲れます。^^;
が、その息子は横で本を読んだり、ガーガー寝ていたり。
母の運転に不安はないようです。
娘の入院のお陰で、
母の運転はかなり鍛えられております。(笑)


c0135615_96346.gif




娘が手術をした日曜日は、
なんと主人の35回目の誕生日でした。
朝から激しい雨が降っていたあの日。
まさに、一生忘れられない誕生日となりました。


手術が終わってから、お父さんの誕生日を気にしていた娘。
「お父さんのお祝いが出来なかった」
そう言って涙を流した娘。
でもね、お父さんにとっては
あなたの頑張りが何より大きなプレゼントだったのよ。
体調が悪かったのに、朝起きて一番におめでとうを言ったのも娘でした。


「Yがこんなんなったから、お母さんもピアノの練習できないね」
24日の私のコンサートのことも気にしてくれていたようです。
手術が終わったばかりの娘にこんな心配をさせてしまって・・・
ごめんね。そんなことは気にしなくて大丈夫よ。
娘をギュッと抱きしめると、涙があふれ出ました。


一日も早く、家に帰ろうね。
[PR]
by satomi_yk11 | 2009-05-22 10:05
<< もう少し・・・ ステキなポスカたち♪ >>