Top
 
【3年越しのチョコレートチーズケーキ】
c0135615_21423062.jpg


ずっとずっと作りたかったチョコレートチーズケーキ。

まったり濃厚で、口どけのよいケーキでした。













随分前にお友達のブログで紹介されているのを見て、
レシピをお気に入りに入れたまま、3年が過ぎました。^^;
(長過ぎるやろ・・・笑)


先日、kaikoさんが作ってご紹介されていたのを目にして、
再び食べてみたい熱が上昇!!


レシピを見直してみたら、作り方は順番に混ぜるだけ・・・
これなら、まだ左手が十分に使えない私でも作れそうだわ♪

と、3年越しでやっとやっと作りました!!




包丁ではキレイにカットできず、糸でカットしました。
糸だと切り口もキレイにカットできるのですが、ひとつ問題が・・・
左の親指がグッと力を入れて糸をつまむことができないため、
最後まで切りきれない。

c0135615_21585091.jpg

最後ぐいっと下まで切ってしまうには、
意外と親指に力がいるらしい・・・です。

こんな風に、ケガをしてから親指の働きっぷりを知ることがよくありました。
意識していないところで頑張っているのねー。







夜このケーキを作って、「明日のおやつが楽しみ♪」と思って眠りについた朝方のこと。
激しい胃痛で目が覚めました。

そして、丸一日何も食べられず。
お茶を飲んでも胃が痛むので、ろくに水分も摂れず・・・><

その翌日からは高熱も出て、これはインフルエンザかー!?と思いましたが、
インフルエンザではありませんでした。

水分も食事も摂れていないので、病院で点滴をしてもらったのですが、
その時に一緒に採血もして検査をしてもらいました。
白血球の数値が高いため、きっと細菌感染でしょうとのこと。
インフルエンザをはじめ、ウイルスによる風邪の場合は白血球の数値はそのままか、
もしくは下がることが多いとのこと。

なるほどー。勉強になるわ。

細菌感染による風邪の場合は、抗生剤が有効なので、
お薬をもらって帰ってきました。





c0135615_917377.jpg







3年越しのケーキがぁ・・・・・・
作ったのに遠のいていく~~~。(涙)


おやつに食べた子ども達は、「これすっごくおいしい!!」と言ってくれたので、
私も早く食べたくって仕方がありませんでした。><


熱は2日間上がったり下がったりを繰り返しましたが、
胃はそれよりも早くよくなったので、少しずつちびちび食べました。

急に食べて胃がびっくりしてはいけないのでね。^^;



うん。濃厚だけど、重たくなくて食べやすい。
このまったりした感じ、クセになりそうです。

チョコレートの味を堪能した後に、最後にふっとチーズの風味がやってくる感じかな。
つい、もうひとくち・・・もうひとくち・・・と思ってしまう危なさも持っています。(笑)



レシピはこちらをお借りしました。
手軽に作れておいしいケーキ、ごちそうさまでした。




結局風邪はその後気管支炎となり、引きこもり生活に拍車がかかった感じ。--;

でも、おとなしく過ごしているっていうのはスゴイものですね!
いつもなかなか治らないのに、治りが早い!!(笑)
ゆっくりというか・・・だらだらしているのと、昼間誰とも喋らないのがよかったようです。

動くな、喋るな という先生の言いつけをちゃんと守れましたからね~。







c0135615_9202886.jpg









学校から帰ってきた息子が、ベランダで竹馬の練習中。

乗れるようになったから見ててね!ということで、
練習にお付き合い。^^






c0135615_23213461.jpg

ほらほら、乗れるでしょ~♪








c0135615_23354680.jpg

よっ!!








c0135615_23364581.jpg

どう?調子よくなってきたでしょ。^^









c0135615_2336180.jpg

でもちょっと疲れてきた・・・








c0135615_23365965.jpg

ちょうどいいイスができたよ。^m^








子ども達の学校では、竹馬と一輪車とけん玉に力を入れて取り組んでいます。
その中で、最近竹馬に興味を持った息子。
私の両親からのお誕生日プレゼントに竹馬をリクエストしました。

これから一輪車の練習も始めるのだとか。^^


何事にもチャレンジするのは素晴らしいこと。
ガンバレー!!





c0135615_9173313.jpg

[PR]
by satomi_yk11 | 2012-02-07 09:25
<< 【やっとやっとの初詣・・・】 【術後一年検診とその後のお楽しみ♪】 >>