Top
 
【讃岐うどんツアー vol.2】
c0135615_22592797.jpg


おや 坊ちゃん、源平合戦に興味アリかい?












c0135615_23085.jpg

あ、そうでもないかい。^^;







ここは屋島

c0135615_2303882.jpg


ワタクシ、日本史専攻ではございませんでして、
それゆえ日本史には疎くって・・・(何の言い訳?笑)

屋島と聞いてもピンと来ず、いったい何があんのー?って感じでした。
が、那須与一とか壇ノ浦の戦いとか聞くと、
何となくあ~~~って感じ。(怪しい。--;)

ま、そんな歴史のある場所です。(笑)







さすがは四国。
あちこちでお遍路さんを見かけました。

c0135615_2352823.jpg

この屋島にも、四国八十八ヶ所のうちのひとつである屋島寺があります。







ちょうど梅が咲いていました。

c0135615_2315451.jpg
c0135615_2315539.jpg







子ども達も、コンデジで思い思いに写真撮影。
自分で撮った写真をチェック中のKカメラマン。

c0135615_2317567.jpg

なかなかイイできだったらしい。^m^







c0135615_23185657.jpg

喫茶マウンテーン


やら・・・


c0135615_2318470.jpg

行き当たりばっ旅


やら。



笑わせてもらいました。^^









展望台のあるところからは、瀬戸内海が一望できます。

c0135615_23193566.jpg

これは、お天気が何とも残念!!


でもココ、断崖絶壁とまではいかなくても、結構恐ろしいところでした。



私、自分が高所恐怖症だったのを思い出した!!

めっちゃ怖い~~~~。><






途中のお店で、かわら投げ用の土で作った小さなお皿のようなものを買ったのですが、
それを投げるのも怖い怖い!!

なかなかギリギリまで近づくことができません。




c0135615_23194820.jpg

でも、平気で投げる息子。






c0135615_23195546.jpg

平気で下を覗きこむ娘。

この写真、なんかちょっと怖がってるように見えますが、
実際はぜーんぜん。




高層階で生まれ育つとこうなるのか!?

私、高いところが平気になったと勘違いしていましたが、
どうやら我が家からの眺めに慣れただけのようでした。--;







帰り道、あの『喫茶マウンテーン』の先のお店でおばあちゃんにつかまる。

c0135615_23264024.jpg

そう、これ。
広がるボールってのが気にはなっていたものの、
行きは敢えて立ち止まらずに通り過ぎたのですが、
帰りは娘と一緒につかまってしまいました~。^^;


「これ、他では売ってないから!」
「これを孫と一緒に放り投げて遊んだら五十肩も治るよ!!」

まぁアラフォーの仲間入りはしましたけどね・・・
五十肩にはまだ早いかと思われますのよ。

でも、確かにちょっと興味があったのもあり、
思わずひとつ買ってしまいました。(笑)


「それじゃぁ、子どもと一緒に遊んで五十肩の予防に努めますね~。」と言うと、
「ほんま、五十肩によー効くんやわ。」とまだ言うおばあちゃん。(笑)

横にいた息子さんらしき方が、肩を震わせて笑っていました。
いやいや息子さん、笑ってる場合ちゃうよ!
おたくのお母さん、五十肩にこだわりすぎよ。^^;






屋島見学を終えると、もうぼちぼち夕方でした。

お昼ごはんは、主人と息子はうどん(笑)で、私と娘はカフェでランチだったのですが、
やっぱりあともう一回はうどん食べておかないとね!!

c0135615_2336868.jpg

私が食べた「ぶっかけ」。

この日は温かいうどんばかりだったので、冷たいのも食べておかなくてはね!



讃岐うどん、サイコーです。
うどん県、サイコーです。



思い出して、またうどんが食べたくなってきました。(笑)











帰り道、瀬戸大橋の途中にあるSAで休憩。



お土産売り場をうろうろしていたら、
「あ!コレ同じ!!」と、息子があのボールと色違いのものを発見。

五十肩のおばあちゃん、ココにしか売ってないって言ってたよね??


あーなるほど!色が違うもんねぇなんて言いながら、
もう見つけてしまったことに爆笑の我が家でした。^m^




c0135615_23413938.jpg





一泊で行った方がゆっくりできるし、うどんもたくさん食べられるのですが、
日帰りで気軽に行くのも楽しい讃岐うどんツアー。


またうどん食べに行こうね♪
[PR]
by satomi_yk11 | 2012-03-31 23:58
<< 【讃岐うどんツアー おみやげ編】 【日帰り讃岐うどんツアー vo... >>