Top
 
【たくさんのありがとう】
c0135615_2346466.jpg


ふたりで何をしているのかな~?













別にコソコソ悪いことをしているわけではございません。^m^








毎年、とれたてのヤングコーンを送ってくださるまぁーちゃんから、
今年もたくさんいただきました!

c0135615_2351279.jpg





届いた箱の中身がヤングコーンだと分かると、サッサとベランダに箱を運ぶ子ども達。
次に用意するのは新聞紙ね!

と、手際良くヤングコーン剥きの準備に取り掛かります。(笑)







この皮剥き作業が楽しくって仕方ないらしい。^m^

c0135615_23525846.jpg




c0135615_23534350.jpg




c0135615_23531917.jpg




次から次へと剥いて剥いて剥いて・・・
最後には、まるで競争のようにただひたすら皮を剥くふたり。(笑)
母の入り込む隙間なんて一切ないです。^^;





そして、あっという間にこんな状態!

c0135615_2355240.jpg




すると、息子がゴミ袋を取って来て、娘が皮を入れる。
ふたりでほうきとちりとりを持ってきてベランダをお掃除。

ハイハイ、とっても良くできました。^^




本当にあっという間の出来事でびっくり。

まぁーちゃん、今年もありがとうございます。
子ども達、本当に喜んでいました。
いつもありがとう!!





そして、もうひとり(?)大喜びしていたのがこの方・・・



c0135615_2357596.jpg

スフレもヤングコーンをもらって一心不乱に食べていました。^m^





まぁーちゃん、家族そろってみんなでいただきました。
ごちそうさまでした♪






c0135615_012695.gif









この数日前、5年生の娘は2泊3日の野外活動に行きました。

初めてのことでドキドキ不安!?
かと思いきや、もう楽しみで仕方なかった様子。^^

でもでも、ひとつだけ心配があったようで・・・


2泊のうち1泊目はテントで寝るということで、それが少し怖かったみたいです。




「お母さん、しまじろう連れてったらいけんかなぁ・・・」
ふとそんなことを呟く娘。

いや、そりゃあかんやろう…と思いつつ、
「多分ダメなんとちゃう?だって基本要らんものは持って行ったらあかんのやろ?」
とちょっとまぁるく言ったつもりの私。

間髪入れずに帰ってきた娘のことばは、
「要らんもんじゃないもん!!」(笑)

適当に「じゃぁ先生に聞いてみたら~?」と言ってみたら、
これまたほんまに聞いてきた!!

ありゃりゃビックリ。
本当に聞くとは思っていなかった私は、ちょっと娘を見くびっていた!?(笑)

本人いわく、「しまじろうって言って先生分からんかったらいけんと思って、
いつも一緒に寝てるぬいぐるみって言おうと思ったらね、
ぬいぐるみって言う前にダメです!!って言われたー」とのこと。

しまじろうって言って分からんこともないと思うけど、
気を遣うところがちゃうやろーと可笑しかったです。
聞くこと自体が恥ずかしくないのかと聞いてみたら、「いや、ぜ~んぜんっ!」らしい。^^;


たまに、我が娘がよくわからん・・・を通り越してスゴイと思います。(笑)







そんなこんなで、悲しいことに2泊3日のお別れとなった娘としまじろう・・・
それはそれは大袈裟なお別れの儀式を経て、出発の朝を迎えました。

c0135615_0121731.jpg

1歳の頃から 愛用している 相棒のしまじろう。
もうくったくたなのですが、そんなしまくんを愛して止まない娘なのです。






出かけていく娘のことばかり気にしていた私でしたが、
問題は意外なところにありました。


そう、残された息子。


お姉ちゃんがいないことが「そんなに??」と思うくらい寂しかったようで、
かなりの情緒不安定。

これには正直驚きました。




いつもは児童クラブへ行っている息子を娘が迎えに行って一緒に帰ってくるのですが、
この日は娘がいないので私が仕事帰りに迎えに行く約束でした。

それがねぇ・・・
私がよっぽど信用できないのかしら~?

「お母さん、絶対に迎えにくるの忘れんでよ!」
これ、前日からいったい何度言われたかしら??^^;

私が冗談で「もし忘れても、さすがに家に帰って誰もいなかったら気付くよ~」とか言ったのがいけなかったのか、
本気で心配していたようです。

その辺からおかしいとは思っていたのですが、
ごはんを食べながらも寂しい寂しいとため息まじりの息子。

お風呂に入っても寂しい寂しいと元気のない息子。

しまいには!!
お布団に入ってからしくしく泣き出した息子。
声を掛けてそばにいくと、何か糸が切れたようにワーワーまさに号泣。

私までもらい泣きしてしまうくらいの勢いで泣かれてしまいました。


お姉ちゃんの代わりに、お姉ちゃんのしまじろうを抱きしめて眠った息子。
2日目はさすがに泣きませんでしたが、かいがいしく娘のしまじろうのお世話をしていました。(笑)






確かに普段から仲良しのふたりですが・・・
息子がお姉ちゃん大好きなのは知っていましたが・・・

こんなにとはねぇ。


驚きと同時に、ちょっと心配にもなったりして。^^;







でも確かに、娘がいない我が家はとっても静かで気持ち悪かったです。
いつも明るく賑やかな娘は、我が家の太陽のような存在。
そんなことに、私達夫婦も改めて気付かされた2日半でした。






c0135615_055798.gif







野外活動から帰ってきた娘は、とってもとっても楽しかったとおしゃべりが止まりませんでした。
きっと貴重な体験をたくさんしてきたことでしょう。

こうしていろんな経験をしながら成長していく我が子を見ながら、
そのキラキラした瞳が眩しいなぁって思いました。



息子にとっても、とても貴重な2日半だったと思います。
お互いに離れていた時間が、また大切なことに気付くきっかけになったんじゃないかな。





付き添いの先生方にとっては、とても大変な2日半だったと思います。
ありがたいことです。





子育てをしていると、それにかかわってくださっている方の存在をとても大きく感じます。
親だけではできないこともいっぱいあります。

子ども達は、たくさんの人に育ててもらっているなぁって感じる日々。
そして、きっと私もそうやってたくさんの方に育ててきてもらったんだろうなぁと思います。

ありがたいなぁ。




そんなありがとうの気持ちを忘れないようにしなくっちゃ。
そして、子ども達にもそれをちゃんと伝えていかなくっちゃ。





いろんなことを通して、そんなことを考えた日々でした。




たまにはマジメなことも考えるのです。(笑)




c0135615_053298.gif

[PR]
by satomi_yk11 | 2012-06-25 01:00
<< 【しっとり新食感!? 抹茶のケーキ】 【Rose garden】 >>