Top
 
6歳になりました。
11月24日、娘の6歳のお誕生日でした。
もう片手では足りなくなった娘の歳。なんて早い年月の流れでしょう・・・
私も、母になって6歳。もうそんなに経つのかと、自分でも驚くほどです。

写真は、5歳になる頃の娘。こうして見ると、やっぱり幼いです。気付かないうちに、どんどん成長しているのですね。
c0135615_1756964.jpg







お誕生日、せっかく土曜日だったのですが、生憎主人は仕事。
しかも夜勤ということで、夜居ない・・・
仕事の落ち着く月曜日に、ゆっくりお祝いしようねと約束しました。

朝、娘の好きなパイナップル入りのパンを焼きました。
先日、お友達にプロフーズの実店舗に連れて行ってもらったときに“パインダイス”を買ってみました。
c0135615_1841038.jpg

お祝いは後日とは言え、せっかくのお誕生日。娘の好きなものを用意してあげたい。
おやつと晩ご飯は何がいい?と聞いてみました。
帰ってきた答えに、ちょっと笑ってしまった私達夫婦。
おやつは「お芋のおだんご」、ご飯は「きつねうどんと軟骨」。
それでいいの!?と、思わず確認する母。しかし、何度聞いても答えは一緒でした。^^
それでは・・・と用意したお芋のお団子。
よく確認すると、前に作った“くるみ餅”の枝豆をお芋にして欲しいとのことでした。
c0135615_1864199.jpg

ちょっと色合いが寂しい感じですが、子ども達が無言で頬張る満点おやつ。
さつま芋の自然の優しい甘みが、とても美味しかったです。
娘は、自分が掘ってきたお芋ですから、美味しさ倍増だったことでしょう。^^

きつねうどんのお揚げさんは、たっぷり大きめに。
普段は買わないのですが、特別可愛いかまぼこを買ってみました。
うわぁ♪とブタさんのかまぼこを見て喜ぶ子ども達。
「お誕生日だから特別ね!」と、たかがかまぼこで『特別』を強調してみる私・・・^^;
2割引だったから・・・ということはナイショです。(笑)



****************



春からは、もう小学生になる娘。大丈夫だろうか・・・心配は色々と尽きません。
小さな頃から融通のきかない正確。正義感が強いのもありますが、上手に人と渡り合っていくことが苦手な彼女。
難しいと言われる女の子の人間関係・・・不安はいっぱいあります。
これから色んな経験を積んで、ちょっとずつ学んでいくのでしょうね。
傷つくこともあることでしょう。そんな時、彼女の一番の理解者でありたいと思います。
どんな時でも、母は娘の味方であること、心のどこかで感じていてくれれば・・・そう思います。

この6年、娘からはたくさんの宝物をもらいました。
もちろん、私達夫婦の子どもとして産まれてきてくれたこと、それが一番。
感受性の強い娘の言葉や想いに、色んな場面で立ち止まり、感動してきました。
時には、イライラしたり、悩んだり・・・
娘の成長と共に、私達夫婦も何とか歩んできた6年間です。
子どもの持っている力、可能性は無限大です。
それを親の私達によって損なうことのないように・・・そう思いながらも、なかなか難しい子育て。
反省点は山のようにあります。
それでも、精一杯娘に愛情を注いできたことは確かです。
これからも、子ども達と向き合いながら、試行錯誤の子育ては続きます。

春頃からの半年ほど、娘の様子が少し不安定に感じていました。
気にしながらも、見守ることしか出来なかったのですが、最近は少し落ち着いたように思えます。
色んなことを乗り越え、強くもなっていく子ども達。
子どもの成長って、本当に素晴らしいものだと思い知らされます。

最近の彼女は、体も心も、随分お姉さんになりました。
いつの間にか、自分で考え自分で動くことも多くなってきました。
こうやって、段々親の手を離れていくのでしょうね。
一歩一歩、前に進んでいるのがよく見えます。
お誕生日の数日前、急に何かを考え込んだ娘。
「人間って、どこからきたんかなぁ?なんで生きてるんかなぁ・・・」驚きました。
私も、子どもの頃に、そんなことを考えていたのを思い出しました。
でも、もうちょっと大きくなってからだったような・・・

娘が大きく成長したと言えば、ダンスもそのひとつです。
2歳のお誕生日の少し前から始めたダンス。
考えてみれば、もう4年にもなるんですね・・・
途中、泣いて泣いて大変だった1年半。
親の私達も耐えに耐えた1年半でしたが、誰よりも本人が一番大変だったのだと思います。
今、とっても楽しんでいる彼女。
あの時何度も辞めさせた方がいいのか悩みましたが、続けてきて良かった。
今になって、その答えが見えた気がします。
今は、来月の大きなステージに向けて、自分から練習しています。
c0135615_21492316.jpg

たまに、息子も一緒になって。^^こんな姿で失礼します。(笑)
c0135615_21501280.jpg


もうひとつ、頑張っているピアノ。
夏に発表会を経験して以来、楽しさの増してきたピアノ。
よく、「お母さんが教えるのって難しくない?」と聞かれるのですが、娘はちょっと面白いタイプ。^^
レッスンとなると、私はお母さんでではなく、完全に「先生」になるようです。
幼稚園から帰ってきて私にした話を「先生、聞いて~」と、もう一度するほど・・・(笑)
私自身も、我が子に教えているという感覚があまりありません。
今のところ、これでいいのかなと思っています。
親子でのレッスンが難しいと感じたら、その時に考えようかな。
そんなピアノ、幼稚園に行く前にピアノ部屋に入ってポロポロ弾いています。
c0135615_2294595.jpg

たまに聞こえてくる、娘作の曲。
綺麗な曲だったり、奇妙な曲だったりと色々ですが、楽しそうで何よりです。
これからも、楽しんで弾いてくれたらいいなぁという想いでいます。

6歳の1年間、大きく環境も変わる1年です。
心も体も健やかに、ゆるやかにでも成長していってくれればと思います。
いつも「お母さん、大好き!」と笑顔を向けてくれる娘に、ありがとうの気持ちでいっぱいです。
[PR]
by satomi_yk11 | 2007-11-25 22:45
<< お誕生日のお祝い 作品展 >>