Top
 
憩いの森公園へ。
c0135615_5493159.jpg



夏の陽射しと秋の風。

ふたつの季節を感じに、自然の中へ・・・









c0135615_5554669.jpg


山の中を歩くと、風が心地よい・・・
自然の中で過ごすことの気持ちよさを再確認した日曜日でした。





町内一斉清掃で始まった私の日曜日。
いつの間にか、夫婦で交代に出ることになっている我が家。
今年は私の順番でした。
最初は、主人が行っていたんですけどね。

kyon家の旦那さまから、ひとことお申し出がありまして・・・
なんで、男ばっかりが出るん?と。
妻ふたり、ギクッ。
気付いた?気付かなくてもいいことに・・・^^;

そして、kyonちゃんから「ダンナがそういうから、satomi家も交代にせん?」
と、いわば巻き添えをくらったのでした。(笑)
でもまぁ、こういうのに参加するのも大切なことですから。^^
2年に一度くらいは頑張らないとね!


1時間の清掃を終えて家に帰ると、
洗濯と掃除が終わっていました。
さすが・・・近所でも定評のある(あったっけ?)よく働く旦那さまです。^m^
こうして、7年かけてぐうたら妻が作り上げられてきたわけです。。。(笑)



さて、一汗流した後は、おべんとう作り。
でも、おべんとうって言ったって、冷蔵庫の中は空っぽ。
ウインナーが、辛うじて4本。
おぉー!!ひとり1本食べれるやん♪
野菜なんて、きゅうりしかないし・・・(汗)

でもいいの!
外で食べると美味しいのだー。(←ヤケクソ。^^;)
おにぎりだけにしようかと思ったけど、
取り敢えずおかずらしきものも詰めてみました。
ここにUPするのも恥ずかしいようなおべとう。
じゃぁ、UPするなって話ですけど。^^;
c0135615_5561339.jpg
c0135615_5562475.jpg

「きゅうりって美味しいよね~~!!」と
いきなりきゅうりを奪い合う、
貧民satomi家の子ども達。(爆)

「贅沢なおべんとう~~」と歓喜の声を上げ、
きゅうりに感激する娘が、たまらなく可笑しかった!
思わず、嫌味か?と思ったほど。(笑)

c0135615_5574695.jpg
c0135615_558595.jpg



「今日はブルーの日!」
そう言って、朝から張り切って青一色に着替えた娘。
あぁ、それがマズかったのか!?
c0135615_5583414.jpg



さて、お昼を食べたら、山の上を目指してgo!
c0135615_60797.jpg
c0135615_601892.jpg

いつものことですが、
写真を撮りながら進む私は後からついて行きます。
いや、正しくは置いていかれています。^^;



遠くに子ども達の声を聞きながら・・・
風に揺れる草を見て、心癒されるひととき。
c0135615_604625.jpg



静かな山の中で、
しばらく風に吹かれていたい気分でした。
c0135615_61753.jpg
c0135615_612366.jpg




上の展望台から眺める景色は、なかなかのもの。^^
街が一望出来ました。
c0135615_614749.jpg



少しだけ休憩です。
c0135615_62739.jpg
c0135615_621950.jpg




この後、目的のある娘は、
さっさと下へ下りていきました。^^;
c0135615_623978.jpg

c0135615_625170.jpg

c0135615_63263.jpg




なにやら、虫についてお勉強中。
これは、私の専門外。
主人にお任せ。^m^
c0135615_632895.jpg


c0135615_634472.jpg

「わかめ~♪」だって。(笑)



さぁ、もうちょっとだ!
頑張って下まで行くわよー。
c0135615_64657.jpg




娘の目的地。
大きなアスレチック。

去年、幼稚園のお別れ遠足でもここへ来たので、
とても喜んでいた娘。
早く、遊具で遊びたくて仕方なかったようです。^^
c0135615_643544.jpg
c0135615_64489.jpg

「怖い!熱い!」と怖気付く息子とは対照的に、
生き生き輝いていた娘。



さぁ、次は何する?
娘が選んだのは、ターザンみたいなコレ。
私も子どもの頃、大好きでした。^^
c0135615_65838.jpg

息子は危ないので、主人が一緒に。
「遠足でもやったよー。」という娘は、ひとりで。
楽しいよね~。



で、2回目。^^
c0135615_652578.jpg



ヒゲキハ、コノチョクゴニ オコッタノデシタ。




ドサッという音とともに、
「ギャーーー!!」と娘の泣き叫ぶ声。


そう・・・落下。
一瞬、固まって体が動きませんでした。

ハッとしたときには、主人が走り寄って娘を抱きかかえていました。

炎天下で暑かったので、取り敢えず屋根のあるところへ。
「痛い、痛い!!」と泣き叫ぶ娘を横にならせて、状態を確かめました。
どうやら、お尻から落ちたようで、少し腰も擦り剥いていました。
でも、痛いのはお尻だけのよう。
それが分かって、ホッとしました。


きっと、遠慮がちにスタートした1回目。
そして、恐らく1回目より思い切ってスタートした2回目。
ゴールのところで、結構反動で振られるんですよね。
昔を思い出しました。
その反動に腕の力が敵わなかったのでしょう。
大丈夫だろうと過信したことを反省しました。


赤く腫れているお尻を冷やして、
娘が落ち着くのを待ちました。
痛いのに加え、まだ遊びたいと言って泣いた娘。。。
でも、動けない。
また来ようねと約束して、撤収です。

お父さんとサッカーをする!と張り切っていた息子。
文句も言わず、よくガマンしました。
お姉ちゃんの頭をよしよしって。^^


帰りの車で、少し眠っていた娘。
目が覚めたときは、気分も痛みも落ち着いていたようでした。
ホッとしたら、ドッと疲れた私達夫婦。^^;
大事に至らないでよかった。
そう繰り返しながら帰りました。




また、出直そうね!



娘の打撲、たいしたことなく済みました。
翌月曜日、ランドセルがちょうど当たって痛い・・・
と、背中を丸めてよろよろと登校した娘。
月曜日は荷物も多くて、ランドセルも重たくなります。
でも、何とか頑張って行きました。

帰ってきた頃には、すっかり元気!


今は、まだ少し青くなっていて内出血の痕がありますが、
もうなんともないようです。
またあの公園に行きたいと言うので、大丈夫でしょう。
もうあの遊具では遊ばないそうですが・・・


そう・・・ブルーの日!
まさに。。。
今度は、青一色で行くのは止めた方がいいかもね。





c0135615_8282075.gif







いつもに増しての長文に、
最後までお付き合いくださってありがとうございました。
[PR]
by satomi_yk11 | 2008-09-10 08:39
<< こだわりの旅!? しあわせいっぱい☆ >>