Top
 
おひさまコンサート
c0135615_12483058.jpg


ちっちゃなお客さま達へのちっちゃなコンサート。

無事に終わりました。








子育て支援センターでのミニコンサート。
お友達のYちゃんに声を掛けていただいて・・・
ふたりでピアノ連弾を演奏しました。

お客さまは、0~2歳くらいのお子さまとお母さん。
3曲だけの短いコンサートでしたが、
私にとっても勉強になるコンサートとなりました。


c0135615_18592871.jpg



私が子育てをしていて感じていたこと。
あ、今でも子育て真っ只中ですけど。^^;
小さな子どもがいると、生の演奏を聴く機会がない。
ましてや、子ども自身は尚更です。
CDでもDVDでもない生の音。
それを聴くことは、とても大きな経験です。
小さな子どもにこそ聴かせてあげたい!

でも、実際にはなかなか難しいのが現状なのです。
もっと、子どもと一緒に生の音に触れる機会があればいいのに・・・
そんな風に思うことがよくありました。


そういう想いもあって、今回のコンサートはとても楽しみでした。
子ども達がどんな反応をするのか。。。

ちっちゃな子ども達、ゴソゴソするのは当たり前のお年頃。
でも、音が鳴った途端にみんなの意識が音に集中するのです。
これには驚きました。
そして、それぞれに音楽を感じていました。
自然と体を動かす子。
手拍子でリズムを取る子。
じーっと固まったまま見ている子。

反応は、お子さんによってそれぞれ。
でも、音楽を体で感じてくれていたように思います。
それが伝わってきて、とっても嬉しかった。
演奏する私達も、本当に楽しかったのです。


c0135615_129826.jpg



子どもを産んで育てて・・・
余裕の無かった頃は、自分が弾くことを諦めていました。
長いトンネルから抜け出せた。
そんな気がしています。


子育てと演奏を両立させることは、とても難しい。
「ピアノを弾く」ということは、時間と体力を必要とします。
私には、そんな余裕がなかったなぁ。
でも、子育てをしてこそ得られたものは、とても大きいのです。
その中で広がった世界、その中で得られたつながり・・・
そして、表現することにも幅が生まれたと思います。
ただ自分が弾いていればよかった学生時代と比べての、
プラスとマイナスの両面。
それが、やっと見えてきた気がしました。

自分が経験してきたことの全てに、無駄なことはないのです。
きっと、どこかで何かの形で繋がってくる。
最近、そう自信を持てるようになりました。



今回、こんな機会をくださったYちゃんと子育て支援センターの先生方に、
心から感謝しています。
また、次回へつなげることが出来たらいいな。


c0135615_283332.jpg



娘ちゃんと一緒に聴きにきてくれたKちゃん。
とっても素敵な紫陽花を頂いちゃいました。
Kちゃん、お心遣いありがとう・・・
本当にキレイな秋色。
うっとり眺めながら、ドライになるのをゆっくり待ちたいと思います。


c0135615_631911.jpg







コンサートの帰り、Yちゃんとお昼ご飯。
お腹も空いていたので、ガッツリ定食を。^^
c0135615_440458.jpg

Yちゃんとゆっくりお話するのも久しぶりだったかな。
コンサートの反省点や、これからのこと。
お互いのピアノに対する想いも確認できて良かったです。




ソロとはまた違った魅力、そして難しさのある連弾。
これからもっと開拓していければいいなぁと思います。

c0135615_611524.jpg

[PR]
by satomi_yk11 | 2008-10-05 06:15
<< 息子、初の運動会。 パンlunchの会 >>